MENU

美容院でやめてほしい服装まとめ!どんな服装がベストなのか解説

  • URLをコピーしました!

今回は、ヘアサロンに行くときに避けた方がいいことを紹介します。ヘアサロンによく行かれる方なら、必ずや興味を持たれる記事だと思います。

普段通っている服装はどう思われているのか?どういう服装がベストなのか?

ぜひこの記事を参考に、美容院に行ってはいけない服装について学んでみてください。

目次

美容院で避けた方が良い服装

サロンに着ていくのを避けた方が良い服装があります。以下のようなものです。

  • ハイネック
  • フード付き
  • めちゃ高価なシャツ

ハイネック(タートルネック)の服装

タートルネックは、美容院に行くときの服装としてはあまり適していません。

タートルネックは首が詰まっているため、襟足から髪を切ることが難しく、カラーリング剤やパーマ剤などが付着する危険性があります。

また、カットする際にタートルネックに髪の毛が入り込み、首元にチクチクとした不快感を与えることもあります。

これはハイネックの衣服でも同じです。春夏でも、なるべく首回りが隠れないトップスを着用することをおすすめします。

フード付きのパーカー類

フードのある服装は、ケープで覆うことが難しいため、ヘアサロンへの訪問には適していません。

ケープの中にフードを入れると、首がもたつくため、髪のカットや長さの確認がしづらくなります。

また、フードを外に出すと、汚れたり、髪の毛がついたりするおそれがあります。

また、シャンプーの際に濡れてしまう可能性もあります。

このように、フード付きの服にはさまざまな難点があるため、美容院に行くときはフードをかぶらないのがマナーとされているのです。

めちゃ高価なシャツ

数十万するような服装で来られると困ることがあります。

もし汚してしまったら弁償になってしまうので。

多少汚れてもいいような服装で行くのが理想的なのかもしれません。

他に美容師さんが困る服装

  • 露出の多い服装。サロンの従業員は、あなたの身体ではなく、あなたの髪に集中する必要があります。また、短すぎる服装は避けましょう。
  • 汚れていたり、穴があいていたりする服装。これは一般的なマナーです。回りのお客さんから見てもちょっと違和感。汚れたり穴の開いたりした服は着ていかないようにしましょう。
  • 服装以外では香水です。サロンのような狭い空間では、強い匂いは充満しやすいです。香水やコロンなどの匂いが強い服は避けましょう。

美容院に着て行ってもいい服装は?

では、代わりに何を着ればいいのでしょうか?

ヘアサロンに行くときの服装を選ぶときは、首回りの露出が多い服装は避けたほうが無難です。

スタイリストがきちんと仕事をする妨げになりますし、気が散ってしまう可能性もあります。

わかりにくいかもしれませんが、思い通りのヘアスタイルにするためには、普段着が一番です。

なぜなら、美容師は服装で表現されたあなたの趣味や好みをもとに、あなたのイメージを考慮してスタイルを決めていくからです。

他に好まれる服装

サロンに着て行っても良い服装があります。以下のようなものがあります。

  • 清潔感のあるカジュアルな服装:サロンに派手なものを着ていく必要はありません。清潔感のあるカジュアルな服装であれば、全く問題ありません。
  • 履きなれた靴。サロンの椅子にしばらく座っているので、快適な靴を履いていることを確認します。

美容院で避けた方が良い服装のまとめ


服装によっては、美容師が適切にカットやカラーリングを行うことが難しくなる場合があります。

美容師が作業しにくいだけでなく、服装によっては汚れたり濡れたりする危険性もあります。

特にフード付きの服は、美容師が嫌がる服装なので気をつけましょう。

美容院で満足のいく施術を受けるためには、服装を意識することが大切です。

美容院に行く際には、不適切な服装を選ばないというポイントを押さえておきましょう。

自分も美容師さんも快適に過ごせるように、より適切な服装を選んでくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次