BLOG

  • 2018年4月10日
  • CATEGORY : NEWS

OAXACAの風を感じさせるCharritaのハイセンスアイテム

こんにちは、プレスの石田です。本日は、MEXICOのOAXACAにて誕生し、現在日本で注目を集めているブランド『Charrita』の新入荷アイテムをご紹介いたします。

 

Charritaは、ディレクターの山岸千尋氏が初めて現地を訪れた際に、インディヘナという先住民が営む生活と文化の違いに感銘を受け、もっと知りたいと思い移住したことが一番最初のきっかけで生まれました。

移住してからは村をひたすら廻り、その土地について知ることからスタート。インディヘナとふれあううちに、彼らが現在も伝統のある生活をしていることや、誇り高きものづくりをおこなっていることを感じ、様々な生産者と一緒にものづくりを始めました。

現在は、OAXACAだけでなく大都市MEXICO CITYに集まる洗練されたプロダクトにも注目し、幅広いアイテムを展開しています。

 

HAT ¥24,000+tax

そんなCharritaの入荷アイテムの中から、まずはオリジナルハットをご紹介します。Charritaのハットはその形の美しさ、作り手の手仕事を感じる細やかなデザインが魅力です。こちらのハットは、少し尖った ツバ広のメキシコらしい形で、どこか田舎っぽさを感じさせる、とてもクラシックでエレガントで印象的なデザインとなっております。夏のリゾートやビーチ、フェスなどで活躍しそうですね。

DRESS ¥30,000+tax

そしてこちらの花柄のワンピース。てろっとした落ち着き感のあるレーヨン生地に、可愛い小花柄があしらわれたノスタルジックな田舎っぽさを兼ね備えたデザインとなっております。

BAG ¥19,000+TAX

バッグは、RUE DE VERNEUILというブランドのものでA4サイズも入る大きさが普段使いにとても便利で可愛いカゴバッグ。マチもたっぷりで機能性も兼ね備えています。

SANDAL ¥21,000+TAX

サンダルは、MARISA REYというスペイン発のブランドのもの。ビビッドなピンクがコーディネートを格上げしてくれます。高すぎないヒールは、1日中履いていても疲れないので、かなりおすすめです。

DRESS ¥35,000+TAX BAG ¥21,000+TAX

そして、Charritaオリジナルのインディヘナのヴィンテージワンピースをモデルにしたロングワンピース。たっぷり使用した生地が女性らしい印象を与えてくれる逸品。センターに施した刺繍はオトミ族の女性によるもので、ネイティブっぽさも感じさせる仕上がりに。

また、こちらの虫取りカゴのようなバッグもインディヘナによるもの。作り手の温もりを感じさせるナチュラルな雰囲気が素敵です。マチがあるので、物もしっかり入り存在感のあるアイテムです。

是非、ショップにてCharritaのプロダクトに触れて、実際にそのものづくりの奥深さを感じてみてください。

一覧ページに戻る