CPCMディレクター、熊谷隆志がセレクトした中目黒「CALIFORNIA STORE」の手刷りTシャツがCPCMに入荷致しました。

CALIFORNIA STORE
商品構成は、アンティーク雑貨が4割、ユニセックス展開のオリジナルTシャツ(約15型)が3割、古着が3割。アンティークの雑貨と古着はアメリカ西海岸で買い付けて来た70年代のものが中心。買い付けから販売まですべてを秋山さんが行っており、ターゲットは特に設けずに自分が納得できるものだけを販売していくという。

「Tシャツのデザインコンセプトは“エロティックなもの”。70年代のプレーボーイのような“明るく楽しいエロ”を感じられる柄が多いですね。毎月、素材や型が違うTシャツが入荷するようにして、バリエーション豊かに見せたいと考えています。古着屋で全て違うプリントのTシャツが並んでいる状況を新品で再現したら面白いと思って」(CALIFORNIA STOREオーナー秋山さん)。