臼田けい子氏による器を集めたPOP-UPを開催!

CPCMでは、臼田けい子氏の作品を集めたPOP-UPを4月14日より開催します。

臼田けい子氏は、東京都渋谷区に生まれ、青山学院大学を卒業後、愛知県立窯業高等技術専門学校にて陶芸を学びました。その後、愛知県岡崎市にて渡邊朝子氏(日本伝統工芸会正会員)に師事し、1988年に独立。1992年からは、静岡にて築窯し作陶しています。

臼田けい子氏の器は、吸い込まれるような瑠璃色や独特な陰影のあるホワイトといった美しい色合いに加え、どんな料理も美味しく見せてしまう不思議な魅力を備えています。臼田けい子氏自身も、「普段の食事のための器を作りたい」と話しています。一方では、「用途もデザインも何も考えずに作陶したときの方が自由になれる」という、より作品性の高いものも生み出しています。

今回はガス窯で焼成した器の他に、薪窯でじっくり時間をかけて焼成した器も数多く展開します。薪窯での器は、焼成の際、松の灰がかかり、釉薬が複雑な色を作り出します。焼成時間もガス窯の4倍かかり、低温からゆっくり焼き出すことで独特の風合いが感じられます。

是非、日常に豊かさを運んでくれる臼田けい子氏の世界を、食卓に迎えてみましょう。この機会に、ショップにて手にとってご覧になってみてください。