大嶺工房 4/5(火)より販売開始
クラフト&カルチャーショップ「CPCM(シー・ピー・シー・エム)では、4月5日から読谷山窯窯元であり、沖縄の陶芸界で「巨匠」と呼ばれる第一人者である大嶺實清氏の作品を多数展開いたします。
大嶺實清氏は、沖縄県立芸術大学名誉教授であり、元学長であり、沖縄陶芸の継承と発展のために後進の指導も行っています。
「芸術品(非日常)を少量つくるのではなく、生活に溶け込む作品を作りたい。そして、日常を非日常へと高めたい」
と心が和むようなシルエットをしている器や伝統的なかたちを一層洗練された、繊細さあふれるものと多くの表情を持つ作品を創り続けています。
特に沖縄の真っ青な海そのままを器にうつしたようなペルシャブルーのシリーズは人気が高いアイテムです。CPCMでは、そんなペルシャブルーのシリーズの他にも上品なサーモンピンクのシリーズ等をセレクト。